9月入学「国民に混乱や心配」と反省 萩生田文科相会見詳報

9月16日に発足した菅義偉内閣で再任された萩生田光一文科相は同日午前、安倍内閣が総辞職した臨時閣議後に記者会見を行い、約1年間の任期中に起きた出来事を振り返るとともに、やり残したことを新たな任期の課題として挙げた。新型コロナウイルスの感染拡大による学校の一斉休校については、「過去の経験に基づいた恐怖心からの判断だった。結果として、子供たちを守ることができ、国民の意識を変える成果があった」と総括。9月入学(秋季入学)論議については、「国民の賛否が分かれ、混乱や心配を与える事態になってしまった」と反省の弁を述べた。トピック別に編集して詳報する。
新型コロナウイルスの感染拡大
「一斉休校は恐怖心からの判断。再開できなかったのは極めて残念」
昨年9月に就任し、その直後から、体験したことがない自然災害などで学校現場が継続できなくなるような事態が生じたし、就任直後で深くいきさつが分からなかった課題について、私が新たな判断をしなくてはならないこともいくつかあった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。