少人数学級「持続可能な制度に」 萩生田文科相が再任

萩生田光一文科相は9月16日、同日発足した菅義偉内閣で文部科学大臣・教育再生担当大臣として再任された。これに先立ち、記者会見した萩生田文科相は、総辞職した安倍晋三内閣が設置した教育再生実行会議の継承を、菅首相に申し入れる意向を表明。実行会議が求めている少人数学級について、「将来に向けて持続可能な制度にできるようしていきたい」と踏み込み、新型コロナウイルスの感染対策としてだけではなく、恒久的な制度として菅内閣で実現を目指す考えを明らかにした。また、菅内閣で取り組むべき教育課題として、障害がある子供たちへの特別支援教育を挙げ、特別支援学校の設置や特別支援学級の在り方、必要な教員の確保などについて「しっかり考え直していきたい」と述べた。

萩生田文科相は同日午前、安倍内閣の総辞職を決めた臨時閣議の終了後、文科省で記者会見を行い、文科相に再任されるとの報道について、「昨日(15日)のうちに(菅官房長官=当時=から)連絡をいただいた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。