現職以上のICT活用力を 教員養成部会で指摘相次ぐ

中教審の初等中等教育分科会教員養成部会は9月17日、第116回会合をオンラインで開き、教職課程を置く大学に向けて、学生らのICT活用指導力を一層充実させるよう文書を出す方針を示した。委員からは「これから教員を目指す学生には、現職以上にICTを活用する力が必要だ」といった声が相次いだ。

文書案では、これからの教員に求めるICT活用指導力について、「教師を支援するツールとしてICTを活用するとともに、児童生徒の情報活用能力の育成に関する指導法だけでなく、ICTを活用して主体的・対話的で深い学びの実現に向けた授業改善をしていく力」と説明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。