いじめ第三者委員会を常設へ 年度内にも、大阪市教委

大阪市教委は9月17日までに、学校のいじめ問題に対応する第三者委員会を常設とすることを、同市総合教育会議で決定した。重大事案発生後にメンバー選定が始まることで初動が遅れ、正確な調査ができないことなどが課題となっており、対策への議論を続けていた。

同市では、2018年1月に中学1年生(当時)が自死。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。