教科書検定 手続き改善など審議開始、文科省

教科書検定制度の現状と課題を巡り、文科省は9月17日、教科用図書検定調査審議会の総会を開き、教科書検定手続きの改善方策や検定基準の改正について、審議を要請した。具体的な検討事項としては、教科書にWEBページアドレスやQRコードなどの二次元コードを記載する場合、リンク先の内容に変更があった時に報告を受けることを検定規則で明確に規定することや、検定に不合格となった教科書が再申請できる回数に上限を定めることなどが挙げられた。

総会では、文科省の担当者が審議を要請する趣旨を説明。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。