菅内閣でも「教育再生」続行、少人数学級へ道筋 文科相

9月16日に発足した菅内閣で再任された萩生田光一文科相は、同日夜の記者会見で「教育再生実行会議の提言を踏まえ、教育再生を実現するための諸施策を進めること」について、菅首相から指示を受けたと明らかにした。安倍晋三内閣で設置された教育再生実行会議は、来年度予算の概算要求に少人数学級の実現を施策として盛り込むことを求めており、萩生田文科相は菅内閣にもこの議論を引き継ぐ意向を示していた。菅首相からの指示を受け、新内閣でも引き続き少人数学級の実現に向けた道筋が示されたことになる。

記者会見でポストコロナ期の教育について問われた萩生田文科相は「新型コロナ(収束)後に万が一、新しい感染症が発生した場合でも、それに対応できる新たな学校のスタイルを目指すべきだと思っている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。