学習履歴や学校健診、マイナンバーカード活用を検討 文科相

菅義偉首相が行政のデジタル化に向けてマイナンバーカードの活用を強く打ち出したことを受け、萩生田光一文科相は9月18日の閣議後会見で、GIGAスクール構想で利活用が注目されている学習履歴(スタディ・ログ)や、学校の健康診断で把握した児童生徒の健診データに、マイナンバーカードの活用を検討していく考えを表明した。いずれもデータを記録したり閲覧したりする際の本人確認のツールとして、マイナンバーカードを使うことが想定される。学校現場にはデジタル化の推進に伴って個人情報の取り扱いを懸念する声が強く、こうした不安感をどう拭い去っていくかが学校現場でのマイナンバーカードの活用を進める上での鍵となりそうだ。

萩生田文科相は、まず、「児童生徒が進学しても、学校生活のさまざまな情報を引き継いでいくことは、成長の過程で大事だと思う」と述べ、GIGAスクール構想が今後、学校現場に浸透していく中で、デジタル化された児童生徒の履歴情報が、進級や進学を経ても継承されていくべきだとの基本的な認識を示した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。