17自治体と実施 不登校児童生徒向けのオンライン留学

不登校児童生徒向けのオンライン留学プログラム「OJaC(オージャック=オンラインジャパンクラス)」のオンライン始業式が9月23日、全国約200人の児童生徒と、提携する17自治体が参加して行われた。同プログラムは、不登校児童生徒のネットスクール「クラスジャパン小中学園」を運営するクラスジャパン学園が、全国17自治体と共同で実施。経産省「未来の教室」実証事業にも採択されている。

同プログラムは具体的には▽不登校児童生徒を対象とした、オンライン学習サービスによるICT在宅学習のモデル構築▽慶應義塾大学・中室牧子教授による、ICT学習効果の定量的調査・測定▽参加17自治体からの推薦委員によって構成されるガイドライン評価委員会による、学校現場の出席・成績評価の参考となり得るガイドラインモデルの策定・提唱――を行っていく。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。