神戸の市立小学校でクラスター 対策すり抜け感染拡大?

神戸市は9月24日までに、市立小学校の児童22人と教職員5人に、新型コロナウイルス感染が確認されたことを発表した。同市教委は感染経路の特定を進めているが、3密回避やマスク着用などの感染対策はしっかり行われていたといい、「対策をすり抜けた穴はなかったか」も含めて調査している。

同市教委によると、今月18日と19日に教員2人と児童2人の感染が確認され、その後の濃厚接触者約90人へのPCR検査で、新たに教職員3人、児童20人の感染が判明した。

3密回避やマスク着用、手指消毒、食事中の会話禁止などの感染対策も行っていたといい、同市教委の担当者は「感染対策はしっかりしていた。また別のクラスでは全員が陰性だった」と、対策下でのクラスター発生に困惑している。

学級規模でみると、昨年時点で同校の平均は34.2人。同市教委では今後、市の健康局と連携しながら、対策に穴はないかも含めて調査を進める方針。

次のニュースを読む >

関連
関連記事