神戸の市立小学校でクラスター 対策すり抜け感染拡大?

神戸市は9月24日までに、市立小学校の児童22人と教職員5人に、新型コロナウイルス感染が確認されたことを発表した。同市教委は感染経路の特定を進めているが、3密回避やマスク着用などの感染対策はしっかり行われていたといい、「対策をすり抜けた穴はなかったか」も含めて調査している。

同市教委によると、今月18日と19日に教員2人と児童2人の感染が確認され、その後の濃厚接触者約90人へのPCR検査で、新たに教職員3人、児童20人の感染が判明した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。