デジタル教科書「視力低下に注意」 文科省検討会議

1人1台端末の整備に伴い本格導入が検討されている学習者用デジタル教科書について、文科省は9月23日、検討会議の第4回会合を開いた。今回は、児童生徒がデジタル教科書を利用する際の健康面への影響が議題に上り、「各教科の授業時数の2分の1未満」としている現行の基準を緩和した場合、懸念される影響や対策などを話し合った。

会合で報告した日本眼科学会の不二門(ふじかど)尚評議員は、コロナ禍で子供の屋外活動が減り、デジタル端末の使用時間が増えたことで子供の近視が加速した可能性があるという研究に触れ、注意を呼び掛けた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。