高校の1人1台端末を提言 「地域間格差なくす」自民党

自民党の教育再生実行本部(本部長・馳浩元文科相)は9月24日、義務教育段階だけでなく、高校においても1人1台の情報端末を整備するよう、萩生田光一文科相に申し入れた。緊急事態が生じた場合の学びの保障のほか、地域の高度人材を育成し地方創生につなげる。端末整備にかかる費用については国費を投入し、国が一定の責任を負うことで、地方自治体の間で格差が生じないようにする仕組みを構築するよう提言した。

提言ではGIGAスクール構想の実現に向けた1人1台端末の整備が、義務教育段階の児童生徒を対象にしたものであることに触れ、「この整備の必要性は、高校の生徒についても例外ではなく、一刻も早い1人1台環境の実現が急務である」と訴えた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。