30人学級、10年後実現で「教員増なくても可能」 文科省試算

自民党の教育再生実行本部(本部長・馳浩元文科相)は9月24日、義務教育段階の1学級の人数を「30人」とした少人数学級の取り組みを、段階的・計画的に進めるべきとする提言を、萩生田光一文科相に申し入れた。提言の決議にあたり開かれた会合では、文科省の担当官から「今すぐに30人学級を実現するには8万~9万人の教員増が必要だが、10年かけて実現するとすれば、その間に児童生徒数には100万人ほどの自然減があり、必要な教員数も5万人程度減る。少人数指導などのためにすでに加配されている教員3万人程度も活用できる」との試算が示された。

同本部の赤池誠章事務局長(参院議員)によると、こうした試算を受け、文科省は「法改正による定数増を行わずとも、計画的に進めれば30人学級を実現する見通しが立つのではないか」という考えを示した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。