児相の一時保護件数1.3倍増 子供の処遇改善策検討へ

深刻な虐待などにより児童相談所が行う一時保護について、厚労省の検討会はこのほど、都内で初会合を開き、一時保護の手続きの見直しに向けた議論に着手した。児童相談所の一時保護の件数が、4年間で1.3倍に増加していることなども報告された。

会合では昨年4~7月に、全国219カ所の児童相談所における、一時保護の状況を集計した速報値が示された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。