支援を拡充、厚労省概算要求 福祉系の修学資金貸付も

厚労省は9月25日、来年度予算案の概算要求を公表した。新型コロナウイルスと共生する「新たな日常」での生活支援として、地域による子供の見守り強化や保育の受け皿確保などを進める。また、介護人材を確保するため、新たに福祉系高校に通う生徒を対象とした修学資金貸付事業を打ち出した。

概算要求額は過去最大の32兆9895億円(前年度予算比34億円増)を計上。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。