都立高入試の出願、感染防止で郵送に 全校で通級指導も

都教委は9月24日、来年春に行われる都立高校入試の実施要綱を公表し、新型コロナウイルスの感染防止対策のため、原則として出願手続きを郵送で行うこととした。また、発達障害などのニーズの増加に対応するため、来年度から全都立高校で通級指導に対応できる体制を整える方針も決めた。いずれも、同日に開催された都教委定例会で報告された。

来年実施される都立高校入試では、新型コロナウイルスによる長期休校の影響を踏まえて、国語では中学3年生で習う漢字を扱わないなど、出題範囲の削減がすでに示されている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。