「全ての子供の可能性引き出す」 答申中間報告へ、中教審

中教審の初等中等教育分科会は9月28日、第127回会合をWEB会議形式で開き、答申の中間まとめ案について検討した。同11日に「新しい時代の初等中等教育の在り方特別部会」で示した素案から、タイトルを「『令和の日本型学校教育』の構築を目指して~全ての子供たちの可能性を引き出す、個別最適な学びと、協働的な学びの実現~」と修正し、ポストコロナ時代の新しい学びのポイントを端的に示した。

同11日の特別部会では、答申中間案のタイトルを「誰一人取り残すことのない『令和の日本型学校教育』の構築を目指して~多様な子供たちの資質・能力を育成するための、個別最適な学びと、社会とつながる協働的な学びの実現~」としていたが、委員から「『誰一人取り残すことのない』はネガティブな印象。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。