ITスキルの獲得で困窮家庭の収入確保 在宅で就労支援

子供の貧困対策などに取り組むキッズドアが、社会人向けオンラインスクール「デイトラ」を運営する東京フリーランスと連携し、デイトラのウェブデザインコースを、新型コロナウイルスの影響で経済的に困窮している家庭の保護者が無料で受講し、収入の確保につなげる取り組みを始めた。9月24日に厚労省で記者会見を行った関係者らは、就労支援を目的とした在宅でのIT教育の必要性を呼び掛けた。

プロジェクトは9月初めに、キッズドアが支援している全国の困窮する子育て世帯に募集を行い、定員10人に対して100人を超える応募があった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。