教職課程の連携開設制度を新設 最低単位数の8割まで可

大学単独では教員養成が困難になっている教員免許状があることを踏まえ、文科省は一つの教職課程として必要な授業科目を複数の大学間で共同設置できる「連携開設制度」を来年度から新設する。条件を満たせば、教員免許状の取得に必要な最低単位数の8割まで、他大学との連携開設科目を認める。これを受け文科省は、教育職員免許法施行規則の改正案について9月28日、パブリックコメントの募集を開始した。

中教審教員養成部会の「教職課程の基準に関するワーキンググループ」が2月にまとめた報告書では、単独の大学では教員の養成・研修機能の維持が困難になっている免許状があることなどから、複数の大学が授業科目を分担して補完し合い、一つの教職課程として必要な授業科目を共同で開設できる制度を設けるべきだと提言。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。