ポストコロナの学校基盤整備 概算要求4兆3011億円

文科省は9月29日、来年度予算案の概算要求を公表した。文部科学関係予算5兆9118億円のうち、文教関係予算は前年度から2708億円増え4兆3011億円となった。小学校高学年での教科担任制による専科指導の充実、障害のある児童生徒への通級指導の充実などで2397人の教員増を図るほか、学校での感染症対策の充実に169億円(前年度予算額4000万円・補正予算額105億円)、GIGAスクールサポーターの配置に53億円(前年度補正予算額105億円)、学習者用デジタル教科書の普及に52億円(前年度予算額2000万円)など、ポストコロナの学校基盤整備に向けた項目が並んだ=図表=。

文教関係予算のうち最大の予算枠で、公立小中学校などの教職員の人件費となる義務教育費国庫負担金は1兆5208億円(前年度予算額1兆5221億円、補正予算額40億円)。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。