特別教室や体育館の空調整備に課題 普通教室は9割超

夏の猛暑対策として推進している学校施設の空調設置に関し、文科省は9月30日、公立学校施設の普通教室や特別教室、体育館、給食調理場の空調設置状況を公表した。幼稚園から中学校の普通教室での空調設置率は9割を超えたものの、特別教室は6割以下、体育館では1割以下にとどまった。

同省では、新型コロナウイルスによる3密の回避や夏休みの短縮などにより、夏場の普通教室以外での空調設置の必要性が高まっているとして、来年度予算案の概算要求に特別教室や給食調理場などの空調対策について、自治体への支援を盛り込んでいる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。