ハードとソフトでGIGAスクール支援 総務省と経産省

総務省と経産省は9月30日、来年度予算案の概算要求をそれぞれ公表した。GIGAスクール構想によって、今年度中に小中学校などで学習者用コンピューターの1人1台環境が実現されるのを見据え、ハード・ソフトの両面でWithコロナに対応した教育のICT化を支援する。経産省の担当者はEdTechの実証事業について「今までと違うフェーズにアップグレードする」と意気込む。

デジタル変革の加速による「新しい日常」の構築を掲げる総務省では、テレワークやオンライン授業、遠隔医療の普及に対応した情報通信基盤の整備に256億8000万円を計上。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。