子供の虐待死 ネグレクトが身体的虐待を上回る

厚労省の虐待事例などの検証を行う専門委員会は9月30日、子供の虐待死に関する第16次報告書を公表した。2018年度に厚労省が把握した子供の虐待死は64例・73人で、前年度よりも6例・8人増加した。心中以外の虐待死のケースでは、今回初めて、身体的虐待よりもネグレクト(育児放棄)が人数・割合を上回った。

同報告書によると、18年4月1日~19年3月31日の1年間に発生または表面化した子供の虐待死は、心中が13例・19人、心中以外の虐待死が51例・54人だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。