プログラミングは「失敗恐れずに」 LINEの出前授業で

東京都の八王子市立松が谷小学校(外所=がいしょ=弘章校長、児童258人)でこのほど、4年生を対象にプログラミングの授業が行われた。パソコン室のスクリーンにはLINEみらい財団プログラミング専門講師の柴田保文氏が登場し、同団体が無料で提供する学習プラットフォーム「LINE entry」を使って、オンラインの“出前授業”を展開した。児童らは算数の授業で学んだ知識を使い、教員や他の児童と話し合うなど試行錯誤しながら、正しいプログラムを探り当てていく過程に熱中した。

使われた教材は、パソコンの画面上でスタート地点を出発したカメが、曲がった橋を渡ってゴール地点のスイカまで到達するというもの。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。