広島県教委の高校ネットワーク構想 未来の教室に採択

経産省は9月30日、「未来の教室」実証事業に、広島県教委が取り組む「広島LIFE-TECH ACADEMY NETWORK構想」を採択したと発表した。県立高校3校でSTEAM教育のカリキュラム開発を行い、インターネットと対面のハイブリッドによるPBL(Project Based Learning)を展開。県内の高校生が学科の垣根を越えて、学際的なテーマを探究できるネットワークを構築する。

同構想は、広島県が推進する「学びの変革アクションプラン」に基づく取り組みの一つで、高校教育の質の向上、高度化やEdTechの活用を通じて、文理融合型のSTEAM教育によるPBLのカリキュラム開発を行う。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。