室伏広治長官「いよいよ始まった」 スポーツ庁に初登庁

新たにスポーツ庁長官に就任した陸上男子ハンマー投げ五輪金メダリストの室伏広治氏は10月1日、文科省内にある同庁に初登庁した。取り組みたい課題として、来年に延期された東京五輪・パラリンピックのサポートやドーピング対策、国民の健康増進策や運動実施率の向上などを挙げた。

室伏新長官は午前10時、幹部職員ら約20人の出迎えを受け、花束を受け取ってから長官室に入室した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。