ポストコロナの子供・若者支援 新大綱に盛り込む方針

「子供・若者育成支援推進大綱」の改訂に向け検討を進めている、内閣府の有識者会議はこのほど、オンラインによる第9回会合を開催、新しい大綱に盛り込むべき論点が示された。新型コロナウイルスの影響により大学で学べなくなっている若者の支援や、成年年齢の引き下げに伴う若者の政治・社会参画の推進など、新たな観点が加えられる。

「子ども・若者育成支援推進法」に基づき、2016年に策定された子供・若者育成支援推進大綱では、5年をめどに見直しを行うこととしており、有識者会議では年末までに改訂の方向性を示した報告書をまとめる予定となっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。