富山・星の杜小の「木育」 キッズデザイン優秀賞受賞

子供や子育てのことを考えた商品やサービス、活動などを表彰する第14回キッズデザイン賞(キッズデザイン協議会主催)がこのほど発表され、約400点の応募の中から、最優秀賞の内閣総理大臣賞に福祉型障害児入所施設の「まごころ学園」が輝いた。また、経済産業大臣賞の一つに富山県魚津市立星の杜小学校(三田祐輔校長、児童287人)で行われている「木造校舎を使った木育カリキュラムの実践」が選ばれるなど、木造建築を生かした取り組みが複数受賞した。

知的障害があったり、ネグレクトや虐待を受けたりした子供たちが一緒に生活する「まごころ園」は、54メートル四方の正方形の木造平屋が集まった「小さな集落」をコンセプトに設計され、木の温もりがあふれる施設内部には、個室が完備され、子供たちが安心して過ごせる居場所が随所に設けられている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。