生徒が先生に花束と感謝贈る 教師の日で心の距離縮める

教師に感謝の気持ちを伝えるユネスコの「教師の日」にちなみ、東京都中野区の宝仙学園中学校共学部理数インター(富士晴英校長、生徒631人)で10月5日、教師に花束を贈るサプライズイベントが開かれた。花束を受け取った教諭は「この花に恥じないように、これからも頑張りたい」と誓い、3密は避けても、生徒らとの“心の距離”は縮めていた。

同校では毎年、生徒会が中心となって「教師の日」に合わせたサプライズイベントを企画。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。