【待機児童】14万人の受け皿整備へ 地域に応じた支援も

保護者の就労などに伴い、保育所への入所を希望しながらも入所できていない待機児童を巡り、内閣府は10月5日、現行の「子育て安心プラン」のもとで今年度末までに確保される324万7000人分の保育の受け皿に加え、2024年度末までに14万1000人分の整備が必要になるとの集計結果を示した。

同日に開かれた子ども・子育て会議の第53回会合で明らかにした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。