教科書は「原則デジタル」検討開始で一致 3閣僚会合

教育のデジタル化について意見交換を行った萩生田光一文科相、平井卓也デジタル改革相、河野太郎行政改革相の3閣僚会合で、GIGAスクール構想による小中学生の1人1台端末の整備を踏まえ、教科書は近い将来、原則としてデジタル教科書に移行し、無償化の対象とするよう求める要望が出され、検討を始めることが分かった。萩生田文科相と平井デジタル相が10月6日の閣議後会見で明らかにした。デジタル教科書の価格引き下げを図る一方、紙は教材として位置付けることも協議する。また、平井デジタル相が家庭を含めたオンライン学習を授業時数にカウントするよう求めたのに対し、萩生田文科相は「学校に来なくても全ての授業がオンラインで代替できるというのは、今の段階では考えていない」と反論。1人1台端末の整備を終えた後に、改めて検討する方向になった。

3閣僚会合は10月2日、内閣府にある平井デジタル相の執務室で、事務方が加わらない、政治家同士による意見交換として行われた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。