授業目的公衆送信補償金 来年度から有償に

オンライン授業などで教科書や新聞記事といった著作物をインターネット上に配信する際に、学校などの教育機関が補償金を支払う「授業目的公衆送信補償金制度」の指定管理団体である、授業目的公衆送信補償金等管理協会(SARTRAS)は10月7日までに、来年度からの補償金の金額案を、文化庁に認可申請した。

コロナ禍でのオンライン授業の普及に対応するため、予定より前倒しで今年4月から始まった同制度。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。