学校に求められている英語教育 吉田研作教授が講演

グローバル化する社会の中で、学校に求められている英語教育とは――。英語4技能・探究学習推進協会(ESIBLA)が主催のオンラインセミナーが10月3日に開かれ、国の英語教育に関するさまざまな施策で中心的な役割を果たしてきた、吉田研作上智大学特別招聘教授が講演。グローバル化する社会で必要な英語力を身に付けるために、初等中等教育にどんな授業実践が求められているかを語った。

英語教育が目指すべき方向性を語る吉田教授(Zoomで取材)

吉田教授は、英語圏の国への大学留学に必要な英語力を測る民間試験であるIELTSやTOEFLの成績が、日本は他国と比べて低いことをデータで示した上で、日本の子供の自己肯定感の低さが、英語への自信のなさを生んでしまっていると指摘。

その一方で、文科省が公立の小中高などを対象に毎年実施している「英語教育実施状況調査」の結果を分析し、中学校や高校の授業で英語を実践的に使う言語活動を取り入れる割合が年々増加しているなど、学校現場の英語教育が改善していると評価した。

その上で、小中高の連携が一層重要になっていくと指摘し、「小学校の外国語では、音声で十分慣れ親しんだ後で文字として認識するなど、帰納的な学習で知識・技能を習得する。逆にこれまでの中学校や高校は、演繹(えんえき)的な学習だ。小学校のやり方を中学校や高校でやってほしい。4技能5領域を統合した言語活動を、小中高がそれぞれ何をやっているかを理解した上で、さらに連携していくべきだ」と強調した。

さらに今後は、国連の持続可能な開発目標(SDGs)や、新型コロナウイルスへの対策といった世界的な課題について、社会の一員として議論していくことが一層求められるとし、英語でリアルな相手とコミュニケーションしたり、英語で他教科を学んだりする場を積極的に設けることを提案した。

次のニュースを読む >

関連

あなたへのお薦め

 
特集