新型コロナ感染で「追々検査」 三重県が高校入試で

三重県教委は10月6日、受験生が新型コロナウイルスに感染した場合に備え、来年実施する県立高校入試で、従来の追試に加え「追々検査」を設けると発表した。

同県教委によると対象は、▽新型コロナウイルスに罹患(りかん)した▽保健所から濃厚接触者とされ、自宅待機期間にあった▽海外に居住しており、検査の14日前までに帰国できなかった――などの理由で、通常の入試や追試を受験できなかった受験生。

追々検査の日程は、通常の試験日から2週間以上を置いて設定する。検査内容は原則、通常の試験と同じだが、実施が難しい内容については各高校で見直しや検討がなされる。

また、これまで各高校で掲示してきた合格発表についても「3密」を避けるため、新たに専用のWEBページを設け、合格者の受験番号を公開する。

次のニュースを読む >

関連
関連記事