校内にクリエイティブラーニングスペース 新渡戸文化学園

教育の最上位目標を「ハピネスクリエイター(幸せをつくる人)の育成」と定義し、さまざまな授業改革に取り組む新渡戸文化学園(東京都中野区)に9月、クリエイティブラーニングスペース「VIVISTOP NITOBE」が出来た。現在は主に同小学5、6年生と中学生の図工・美術の授業で活用されており、このほど、5年生が取り組む同施設で使用する椅子づくりの授業が行われた。

「VIVISTOP NITOBE」は、VIVISTOPを運営し無料で提供する企業「VIVITA」と、新渡戸文化学園が連携した取り組み。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。