「教育のニューノーマル」 教師の日にトークセッション

教育のニューノーマルと、教師の価値とは――。「教師の日」普及委員会が主催するイベントが10月3日、オンラインで開かれ、教育系YouTuberの葉一氏、NPO法人「カタリバ」の今村久美代表、NPO法人「Teach For Japan」の中原健聡代表が登壇し、Afterコロナ時代に向けた教育のニューノーマルの在り方と、その中における教師の存在意義や価値をどう見つめ直していくべきかについて、トークセッションを行った。モデレーターは同委員会の松田悠介代表理事が務めた。

教育に情熱を持った人材を独自採用し、教員として学校に派遣するプログラムを展開している「Teach For Japan」の中原氏は「日本は教育機会の均等性はあっても、教育効果の公平性があるのかを考えると、そうとは言えないのではないか。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。