高校の1人1台端末「整備する意志は明確」 萩生田文科相

GIGAスクール構想で対象となっていない高校の1人1台端末の整備について、萩生田光一文科相は10月9日の閣議後会見で、「高校の授業でも1人1台端末の環境を整えていくべきだ。整備していく意志は明確に持っている」と述べ、国として支援方法を検討していく考えを明らかにした。その上で、来年度予算の概算要求で高校の1人1台端末整備を検討した経緯について、「高校の場合、普通科と職業科では、扱うパソコンのスペックがものすごく違う。そうした実態が明らかになったので、来年度に整理したい」と説明。来年度予算概算要求の項目から見送ったことに理解を求めた。

萩生田文科相はまず、「せっかく小中学校で1人1台端末の環境を作ったのに、高校ではつながらない、ということではならない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。