インクルーシブ教育システムの在り方 東京学芸大・奥住秀之教授に聞く

障害のある児童生徒と障害のない児童生徒が共に教育を受けられる環境づくりを目指す、インクルーシブ教育システムの構築が進みつつある。共生社会の形成に重要な鍵となるインクルーシブ教育システムの推進に、現場はどう取り組むべきか。東京都教育庁指導部の主任指導主事を兼務した経験もある東京学芸大学教育学部特別支援科学講座の奥住秀之教授に、特別支援教育の観点から見た、これからの学校と教員の役割を聞いた。

連続性のある多様な学びへ
――新学習指導要領では総則を中心に、校種を問わず特別支援教育に関する記述が見られるようになりました。
これまでは「通常の学級で学ぶ児童生徒は障害のない子供を基本とする」という考え方が一般的でした。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。