コロナ禍で困窮する家庭を支える 就学援助の現状と課題

コロナ禍は家計に大きな打撃を与えた。一斉休校や景気の後退などにより、仕事を続けられなくなったり、減収となったりした家庭にとって、子供の教育費は重くのしかかる。家庭の経済的負担を少しでも減らすために、学校現場が知っておくべき就学援助の現状と課題を取材した。
オンライン授業の通信費も対象に
給食費や学用品の購入、修学旅行の積立金、部活動費など、無償が建前の義務教育でも、学校の教育活動にはさまざまな家計負担が伴う。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。