ブロックチェーンの可能性 学習歴社会の到来を語る

ブロックチェーンの活用で、学歴社会から学習歴社会へ――。超教育協会は10月14日、オンラインシンポジウムを開き、学習するほどトークンをもらえるeラーニングシステムを提供しているtechtec(テックテク)の田上智裕代表取締役が、教育分野におけるブロックチェーン活用の可能性について講演した。田上取締役は卒業証明書だけでなく、学習プロセスまでもブロックチェーンで管理できるようになれば、就職などの場面で個人の学習歴を評価する社会が訪れるとの未来予想を語った。

ブロックチェーンは記録されたデータの編集や複製、削除が困難なデータベースで、誰にでもデータがオープンになっており、もしもデータが改ざんされれば、すぐに特定できるメリットがある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。