教育のデジタル化へ多くの提案 政府の「投書箱」が盛況

政府の「デジタル庁」創設に向け、デジタル社会の在り方やデジタル改革の進め方について広く国民から意見を募るとしてウェブ上に開設された「デジタル改革アイデアボックス」が盛り上がりを見せている。10月14日夕方の時点で登録ユーザー数は約1800人に上り、これからの教育や学校に関する投稿も多く集まっている。

デジタル改革アイデアボックスのウェブサイトでは▽生活者・事業者の声▽IT業界の声▽自治体職員の声▽省庁職員の声▽その他――のカテゴリー別にアイデアを募集。投稿されたアイデアを閲覧し、コメントや投票することもできる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。