生徒会と学校内民主主義 高校生らがヒアリング

日本若者協議会は10月14日、生徒会活動を経験した全国の高校生や大学生らで構成する「学校内民主主義を考える検討会議」の第4回会合をオンラインで開き、子どもの権利条約を研究する喜多明人早稲田大学名誉教授と、学習指導要領の改訂に関わった文科省の合田哲雄科学技術・学術総括官から、生徒会活動の課題や今後の位置付けについてヒアリングした。

検討会議の議論が一般に公開されたのは今回が初めてで、検討会議ではヒアリングを踏まえ、年明けまでに「学校内民主主義」の在り方に関する提言を取りまとめる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。