第2日程の受験者789人 初の共通テスト出願状況

大学入試センターは10月15日、来年1月に行われる大学入学共通テストの出願状況を公表した。今月8日に出願期間が終了した後、14日現在で受付処理が終了した人数は53万1907人で、うち99.8%に当たる53万1118人が第1日程(来年1月16日・17日)を選択し、第2日程(同30日・31日)は789人にとどまった。

受付最終日(今月8日)の消印を含む出願総数は53万5244人で、前年の大学入試センター試験より2万2455人減った。うち卒業見込みの高校3年生は44万9789人、既卒者は8万5455人だった。

来年1月の共通テストでは、コロナ禍による学業の遅れを考慮し、高校3年生は在学する学校長の承認を得て第1日程と第2日程を選択することができる。学業の遅れが想定されていない既卒者は第1日程のみ。また、第2日程を選択したものの当日、病気などで受けられない場合は、特例追試験(2月13日・14日)を受験できる。

文科省が7月、全国の高校3年生を対象に行った意向調査では、第1日程の希望者が43万1000人、第2日程が3万2000人だったが、実際の出願状況では第2日程の受験者が大幅に減少した。

次のニュースを読む >

関連

あなたへのお薦め

 
特集