教委などに弔意表明求める 中曽根元首相合同葬で、文科省

今月17日に行われる故中曽根康弘元首相の内閣・自民党合同葬で、文科省が全国の国立大学や都道府県教委などへ、弔意の表明を求める通知を送っていたことが15日までに分かった。同日、同省は「過去の例もある中で内閣官房長官の通知を受け、参考として送付した」と説明。加藤勝信官房長官は、同通知は教育基本法には抵触せず、「教育の中立を侵すものでない」と述べ、あくまで自主判断に任せていると強調した。

同通知は「『故中曽根康弘』内閣・自由民主党合同葬儀の当日における弔意表明について」との通知名で、13日に文科事務次官名で送付された。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。