「生徒に勧められる奨学金を」 全高長会長、自民PTで

自民党の教育再生調査会・恒久的な教育財源確保に関する調査プロジェクトチーム(PT)は10月16日、全国高等学校長協会(全高長)の萩原聡会長(都立西高校長)を招き、ポストコロナ時代の学生への経済的な支援について議論した。

PTでは授業料・入学金を一時的に立て替え、卒業後に支払い能力に応じて返還する卒業後拠出金方式(HECS)の制度設計について、国立・私立大学の関係者にヒアリングをするなど議論を進めており、年内に方向性を決めるとしている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。