大学の入学時期を多様化 教育再生実行会議WGで方針

オンライン教育などニューノーマルにおける大学の在り方を検討している、政府の教育再生実行会議・高等教育ワーキンググループ(WG、主査・鎌田薫前早稲田大学総長)は、10月19日に開かれた第2回会合で、大学におけるグローバル化の推進について議論した。その中で大学の入学時期について、一律に9月入学に移行するのではなく、各大学の状況に応じて4学期制の導入など多様化を進めていく方向で一致した。

現行の学校教育法施行規則では、「大学の学年の始期及び終期は、学長が定める」とされており、すでに秋季入学を導入している大学もある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。