コロナ禍で高校生の進路 3割が影響あると回答

高校生の就職支援を行うジンジブはこのほど、15~19歳の高校生の就職活動に関する、今年9月時点での意識調査結果を公表した。コロナ禍の進路選択への影響は、6割が「影響していない」と答えたが、3割は就職や進学などで何らかの影響があるとした。

コロナ禍の影響があったという回答を見ると▽進学に変更した 5.0%▽就職に変更した 1.2%▽進学先の検討数を増やした 3.5%▽進学先の検討数を減らした 2.6%▽進学先の検討エリアを広げた 1.5%▽進学先の検討エリアを狭めた 3.0%▽就職先の検討数を増やした 0.8%▽就職先の検討数を減らした 0.4%▽就職先の検討エリアを広げた 0.8%▽就職先の検討エリアを狭めた 0.6%▽その他の影響があった 11.2%。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。