熊本市のICT教育を語る 市長らがオンラインイベント

コロナ禍において、市内の全小中学校の児童生徒約4万7000人を対象に、双方向型のオンライン授業を4月から実現し、全国の教育・行政関係者から注目を集めた熊本市。その同市の大西一史市長、遠藤洋路教育長、本田裕紀教育センター副所長が登壇し、同市のICT教育について語るオンラインイベントが、このほど開かれた。

同イベントは、その一部始終をルポした書籍『教育委員会が本気出したらスゴかった』の発売記念として行われ、パネリストは著者である教育ジャーナリストの佐藤明彦氏が務めた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。