スタディ・ログの設計や現場支援を議論 実行会議TF

政府の教育再生実行会議は10月21日、教育のデジタル化に関わる内容を重点的に検討するデジタル化タスクフォース(TF)の初会合を開き、デジタル教科書の標準化や学習履歴(スタディ・ログ)の設計、教育現場への支援員の必要性などについて意見交換した。

会合の冒頭、萩生田光一文科相は「教育のデジタル化に関わる内容については、専門的な事項も多い。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。