スタディ・ログの設計や現場支援を議論 実行会議TF

政府の教育再生実行会議は10月21日、教育のデジタル化に関わる内容を重点的に検討するデジタル化タスクフォース(TF)の初会合を開き、デジタル教科書の標準化や学習履歴(スタディ・ログ)の設計、教育現場への支援員の必要性などについて意見交換した。

教育再生実行会議デジタル化タスクフォースの初会合であいさつする萩生田光一文科相

会合の冒頭、萩生田光一文科相は「教育のデジタル化に関わる内容については、専門的な事項も多い。留意すべき点や乗り越えるべき課題点などを議論してほしい」とあいさつ。この日は教育のデジタル化に向けてフリーディスカッションが行われた。

内閣官房教育再生実行会議担当室によると、出席者からは「デジタル教科書については、文科省の有識者会議で検討しているが、標準化するのが大事」「スタディ・ログはきちんと積み重ねが分かるように設計する必要がある。教育ビッグデータとしてきちんと活用し、エビデンスに基づいて政策を進めるようにするべきだ」といった意見が出た。

また、学校現場でICTを活用したカリキュラム・マネジメントや授業展開をできる人材が少ないことを懸念する意見も出され、「支援員が必要。そもそも意識が変わらないと、スキルや機器があっても追い付かない」との指摘があった。

デジタル化タスクフォースは、菅義偉首相が教育再生実行会議で教育分野におけるデジタル技術の在り方について、議論を深めるよう指示したことを受けて設置された。具体的な検討項目としては(1)学習履歴(スタディ・ログ)等の利活用(2)教育ビッグデータの効果的な分析・利活用の推進(3)SINETの活用など、ICT活用の抜本的拡充に対応した情報通信基盤の在り方(4)デジタル技術による教育手法や学務の高度化・効率化(5)デジタル化の担い手となる人材の育成。数理・データサイエンス・AI教育の推進――などが挙げられている。

同室によると、専門性の高い内容を集中的に議論し、検討結果は教育再生実行会議に設置された初等中等教育と高等教育の2つのワーキンググループ(WG)に適宜フィードバックする。このため、タスクフォース自体で提言や提言の骨格を作ることは考えていない、という。

次のニュースを読む >

関連