鳥取県教委が83人を処分 部活動顧問の車に生徒同乗で

鳥取県教委は10月21日の定例会で、県立高校の教員が部活動の練習試合などで、同県教委の規定に反し、顧問が運転する車に生徒を同乗させるなどしていたとして、校長を含む83人を文書訓告や口頭厳重注意の処分にしたと発表した。同県教委では、運動部活動の大会では、公共交通機関がなかったり、利用が困難だったりする会場も多いとして、早急に実情に見合った形での規定の見直しを行う方針。

同県では今年1月に、県立高校の部活動中に、有償で自家用バスに乗せて移動する、いわゆる「白バス」の利用が発覚していた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。