【問題行動調査】児童生徒の自殺 理由不明が6割

文科省が10月22日に公表した昨年度「児童生徒の問題行動・不登校等生徒指導上の諸課題に関する調査」によると、小中高から報告された自殺した児童生徒数は317人に上り、前年度より15人減少したものの、依然高い水準で推移していることが分かった。さらに自殺した児童生徒が置かれていた状況では「不明」が188人と59.3%を占め、同省の担当者は「来週の予定を立て、普段と変わらない様子だった子供が、遺書もなく自殺している事案が多くある」と明かし、危機感をあらわにした。

自殺した317人の内訳は▽小学校 4人(前年度比1人減)▽中学校 91人 (同9人減)▽高校 222人(同5人減)――。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。